トップ > 自動車用製品 > 車のおそうじ・お手入れ > ガラスのお手入れ > ReBirth 窓ガラスウォータースポット除去用コンパウンド
  • new
  • 車のおそうじ・お手入れ
  • ガラスのお手入れ

ReBirth 窓ガラスウォータースポット除去用コンパウンド

ウロコ状のウォータースポットを強力除去!クリアな視界を復元!

  • ReBirth 窓ガラスウォータースポット除去用コンパウンド

    120g

特長

超微細ウォータスポット研磨粒子・油膜研磨粒子をW配合で、
キズを付けずにスッキリ落とす!

これ1本で多彩な用途!

①ウロコ状のウォータースポット

②雨ジミ

③ガンコな油膜

④劣化したガラス用撥水剤をスッキリ落とす!

製品概要

ReBirth 窓ガラスウォータースポット除去用コンパウンド
名称 自動車窓ガラス用クリーナー
用途・塗装塗色 自動車窓ガラスの洗浄
成分・含有量 研磨剤
形式 液体
内容量 120g

使い方

  1. あらかじめガラス面の砂・ホコリを洗い流し、水分をふき取ってください。
    ※汚れたまま磨くとキズ付きの原因になります。また、窓枠などにはあらかじめマスキングをしておくことをおすすめします。
  2. ボトルのキャップが締まっていることを確認してから、容器ごとよく振ってください。
  3. 付属のスポンジの黄色い面に液を適量取り、縦横格子状に磨いてください。
    ※液が乾いてきたら少量の水を付けて磨くと効率的です。
  4. 水で洗い流すか、固くしぼった濡れタオル等でふき取り、別のタオル等で仕上げぶきをしてください。
    ※一度の作業で効果が得られない場合は、3~4の作業をくり返してください。
  5. 使用後のスポンジは、中性洗剤で洗い乾燥させてから保管してください。スポンジが汚れたまま使用するとキズ付きの原因になります。
    ※水滴跡(ウロコ状のウォータースポット・雨ジミ)、油膜、ガラス用撥水剤の程度によっては落としきれない場合があります。
    ※本品でガラスに付いたキズを消すことはできません。

使用上の注意

  • 用途以外には使用しない。
  • 運転・ブレーキ性能に支障をきたす恐れがあるレンズ部分等には使用しない。
  • 本品で目に見えるキズは付きませんが、処理中に土砂が入るとキズ付きの原因となるので注意する。
  • ガラス以外に液が付着した場合はすぐに水で洗い流す。ふき取るとキズ付きの原因になることがある。
  • 塗布した状態で長時間放置しない。
  • ヒビ、キズ、欠けのあるガラス、透明プラスチック、プラスチックガラス、車内ガラス、表面に特殊な加工(撥水・親水・防眩等)されたガラス・ミラーには使用しない。一部車種はプラスチックガラスを使用していることがあるので、不明な場合はディーラー等に確認する。
  • 輸入車等、表面硬度が低いガラスはキズが付く恐れがあるので目立たない部分で試してから使用する。
  • 強くこすり過ぎると、ガラスにキズが付くことがあるので注意する。
  • 炎天下やガラスが熱い時には使用しない。また、容器をボディの上に置かない。
  • キズ付きの原因になるので、風が強い時や砂・ホコリが多い所では使用しない。
  • 使用中、キュッキュとスポンジが鳴ることがありますが、使用上問題ありません。
  • 使用後はキャップをしっかり締め、石けんと水で手をよく洗う。

警告・一般注意

※吸入飲用不可:人体に害があるので吸い込んだり、飲み込んだりしない。

  • 皮膚の弱い方は保護手袋等を使用する。
  • 子供の手の届かない所に置く。

応急処置

  • 万一飲み込んだ場合は、はきださせないで、直ちに医師の診察を受ける。
  • 誤って目に入ったり、顔等に付着した場合は、こすらず直ちに清水で充分洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 皮膚に付着した場合は、石けんで充分に洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 使用中に気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合には、医師の診察を受ける。
  • いずれも受診時は本品を持参する。

保管及び廃棄方法

  • 保管の際は、キャップをしっかりしめ、直射日光が当たる所、温度が40℃以上となる所、夏期の車内、水・湿気の多い所、凍結する所には置かない
  • 廃棄の際は、中身を使い切ってから捨てる
ページトップへ戻る
製品ナビ