トップ > 自動車用製品 > ワックス・コーティング > コーティング剤 > BLACX TYPE:G 黒専用 GLASS COAT
  • new
  • ワックス・コーティング
  • コーティング剤

BLACX TYPE:G 黒専用 GLASS COAT

極厚ガラス系硬化樹脂被膜により
プロ施工レベルの艶持続性24ヶ月以上※を実現
※ JIS指定カーボンアーク式耐候性促進試験による当社試験結果

  • BLACX TYPE:G 黒専用 GLASS COAT

    A液:20mL/B液:100mL

オンラインショップ

  • ピカピカショップ本店で購入
  • 楽天ショップで購入

特長

2倍以上の極厚ガラス系硬化樹脂被膜!
※被膜重量による当社試験結果

艶持続性24ヶ月以上、撥水持続性約12ヶ月のコーティング効果!
プロ施工レベルのコーティングをセルフで実現!
※JIS指定カーボンアーク式耐候性促進試験による当社試験結果

自動車用 BLACXシリーズ 他のラインナップ

製品概要

BLACX TYPE:G 黒専用 GLASS COAT
名称 自動車用ツヤ出しねりコーティング剤
用途・塗装塗色 用途/自動車ボディの保護及びつや出し
塗装塗色/黒色のパール、マイカ、メタリック及びソリッド塗装
成分・含有量 A液:イソプロピルアルコール(約85%)、シリコーン、硬化剤
B液:イソプロピルアルコール(約85%)、シリコーン、ふき取りパウダー
形式 A液、B液:液体
内容量 A液:20mL/第四類第一石油類 危険等級Ⅱ 火気厳禁
B液:100mL/第四類第一石油類 危険等級Ⅱ 火気厳禁

使い方

●使用前に同梱の取扱説明書をよくお読みください。
●本品は黒い車に開発された製品です。他の色の車に使用すると本来の性能を発揮できないことがあります。
●水分と反応する成分が含まれますので、雨天時や結露発生時のご使用は避けてください。また、施工後24時間は出来るだけ水との接触を避けてください。
●本品は1回使い切りです。A液とB液を混合後は3時間以内に使用してください。

  1. 洗車をして、ボディの汚れ・ホコリ・水アカを除去し、ねんどクリーナーで鉄粉を除去してください。
  2. 古いワックスやコーティング剤が残っている場合やボディの表面が荒れている場合は、コンパウンド等で下地処理を行ってください。
  3. ボディの水分をよくふき取ってください。
  4. ボディを手で触って熱くないことを確認してください。熱い場合は日陰等に移動し、充分に冷ましてください。
  5. B液の容器にA液を全量移し、キャップを締めて白いふき取りパウダーが分散するまでよく振ってください。
  6. キャップを付属のトンガリキャップに付け換えてください。
  7. 不織布を巻いたスポンジにAB混合液を染み込ませ、ボディに薄く塗布してください。
    ※あらかじめバンパー・ボディのそれぞれ目立たない部分に塗布してふき取り、問題がないことを確認してください。
    ※車全体を一度に施工せず、ボンネット・ドア等、部分ごとに分けて施工してください。
  8. 塗布後、5分以内に付属のクロスでムラがなくなるまでよくふき取ってください。

使用上の注意

  • 用途以外には使用しない。
  • 通気のよい所で使用する。
  • 通気のよい所で使用する。
  • キズの原因となるので、風の強い時や砂・ホコリの多い所では使用しない。
  • ボディの以外には使用しない。ボディ以外に付着した場合は、こすらず直ちにふき取る。
  • 劣化した塗装や他のコーティング施工車には使用しない。(色落ちやシミ・ムラ等の原因になることがある)
  • 輸入車や再塗装部分に使用する場合は目立たない所で試し、問題がないことを確認してから使用する。
  • 塗装の劣化した車では充分な効果が得られない場合がある。
  • シミになるので、衣服につけない。
  • 使用後は、石けんと水で手をよく洗う。

警告・一般注意

  • 吸入飲用不可:人体に害があるので吸い込んだり、飲み込んだりしない。
  • 引火性があるので、火気に近づけない。
  • 皮膚の弱い方は保護手袋等を使用する。
  • 子供の手の届かない所に置く。

応急処置

  • 万一飲み込んだ場合は、はきださせないで、直ちに医師の診察を受ける。
  • 誤って目に入ったり顔等に付着した場合は、こすらず直ちに清水で充分清浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 皮膚に付着した場合は、石けんで充分洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 使用中に気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合には、医師の診察を受ける。
  • いずれも受診時は本品を持参する。

保管及び廃棄方法

  • 未使用の製品を保管の際は、直射日光が当たる所、温度が40℃以上となる所、車内、水・湿気の多い所、凍結する所には置かない。
  • AB混合液は保管・再使用しない。*余ったAB混合液はティッシュやクロスに染み込ませて燃えるゴミとして廃棄する。
ページトップへ戻る
製品ナビ