トップ > 家庭用製品 > ペット関連 > ペット関連品 > 滑り止め 床用コーティング剤
  • ペット関連
  • ペット関連品

滑り止め 床用コーティング剤

圧倒的な滑り止め性能により、
フローリングでの滑りから室内犬を守ります。

  • 消臭・除菌フローリングクリーナー

    500mL

使える床

  • フローリング
  • UV塗装
  • ビニール床
  • クッションフロア
  • Pタイル
  • 白木

オンラインショップ

  • ピカピカショップ本店で購入
  • 楽天ショップで購入

特長

圧倒的な滑り止め性能

創業70年で培った最先端技術を駆使することで、圧倒的な滑り止め性能を実現!

優れた耐久性

人間と犬が共存する特殊な環境では、従来のワックスでは表面形状が変化し、極端に耐久期間が短くなることがありました。
しかし、当商品は、柔らかい樹脂から処方設計されており、その表面特性で滑り止め性能を発現させているため、
そうした現象を防止でき優れた耐久性を備えています。

獣医師も推薦

獣医師 岐阜大学動物病院神経科 神志那弘明先生 滑り止め床用コーティング剤を塗ることは、愛犬の快適な住環境作りに最適です。

驚くほどの使いやすさ

ワックスブランドシェアNo.1だからこその技術ノウハウにより、驚くほどの使いやすさを実現。
塗布作業に不慣れな方でも安心。
別売りの「オールワックスワイパーEX」を使用するとさらに簡単&ムラなくキレイに塗れます。

【滑り止め 床用コーティング剤 5つの安心】

美しいツヤ丁度良い光沢度ながら、ワックスらしい美しいツヤを付与します。
キズに強い樹脂膜がひっかきキズから大切な床を守ります。
抗菌床に抗菌性能が付与され、衛生的です。
UV塗装対応UV塗装の床は勿論、ワックスフリーにも対応しており、幅広いフローリングに使えます。
なめても安心愛犬に配慮し、なめても健康に害はありません。

製品概要

滑り止め 床用コーティング剤
品名 滑り止め 床用コーティング剤
液性 水性(樹脂系)
成分 合成樹脂(ウレタン樹脂、アクリル樹脂)、水
正味量 500mL
使用量の目安 1m2あたり10mL(1本で約30畳分)
関連資料 SDS

用途・使えないもの

用途

フローリング床(樹脂塗装された木製の床)の滑り止め・ツヤ出し

使えないもの

油加工された床( オイルステイン、ロウ仕上げ等)、シリコーンタイプやロウタイプのワックスを使用した床、他社製コーティング剤を使用した床、塗装されていない床( 白木床等)、ウルシ等特殊な床、土足で歩く床、石床、ビニール製の床

使い方

※犬は作業開始から塗膜が完全に乾くまで歩かせないようにしてください。

  1. ご使用になる前に、掃除機等で床表面のゴミやホコリを取り除きます。
  2. 床表面を「オール床クリーナー(別売)」等の床に使える洗剤で清掃します。
  3. 水拭きして床表面に残った洗剤分を取り除き、よく乾かします。
  4. 水で固く絞ったきれいなぞうきん(化学ぞうきんを除く)やワックス塗布具等に本品をしみ込ませ、薄くムラなく板目に沿って塗り広げます(厚塗りはさけること)。
    ※中身を直接床にまかないでください。
    ※かすれてきたら本品を再びしみ込ませてください。
    ※塗布作業が不慣れな方には「オールワックスワイパーEX(別売)」等の使用をおすすめします。
  5. 完全に乾かします(約30分)。
    ※ツヤ出しのためのカラ拭きは不要です。

警告・一般注意

  • 水で固く絞ったぞうきんで水拭きしてください。ひどい汚れには「オール床クリーナー」をお使いください。
    ※化学ぞうきんやツヤ出し成分を含む洗剤を使うと、ムラになったり、滑り止め効果に影響が出たりするので、使用しないでください。 ※床用ドライシートをお使いの場合、使用感に思わぬ変化が生じることがあります。
  • 滑り止め効果は、床表面の塗装状態や犬種、ツメ・肉球間の毛の長さ等により異なります。
  • 滑り止め効果が低下した場合、再度本品を塗布してください。
    ※効果持続期間は使用環境により異なりますが、塗布間隔は6 ヶ月程度を目安としてください。
  • 滑り止め効果を高く保つために、2 年に1回程度「オール床クリーナー」を用いて本品を落としてから、あらためて塗りなおすことをおすすめします。
  • 水・オシッコ・ヨダレの放置、アルコール・薬剤・洗剤等の付着により、塗膜が白くなったり、ツヤや滑り止め効果が低下したりする場合があるので、すぐにぞうきん等で軽くたたくように拭き取ってください。たたかずに強くこすると、塗膜がはがれる場合があります。

使用上の注意

  • 用途外に使わない
  • 子供の手の届く所や犬がいたずらする所に置かない
  • 万一飲み込んだ場合は、吐かせずにすぐ医師に相談する
  • 目に入ったり、皮ふに付いて異常があったりした場合は、すぐに充分な水で洗い流す等の応急処置をして、医師に相談する
  • 肌の弱い方は炊事用手袋を使用する
  • 換気をよくして使う
  • 塗布後ツヤが出ることで、床の質感に思わぬ変化が生じたり、床の表面処理状態によっては本品がはがれてきたりする場合があるので、必ず目立たない所で試してから使う
  • 床暖房は電源を切り、床表面が冷めてから使う。塗膜が完全に乾くまでは床暖房を使用しない
ページトップへ戻る
製品ナビ