ウルトラハードクリーナー ホイール&タイヤ用 | タイヤ・ホイール | 車のおそうじ・お手入れ | 自動車用製品 | 株式会社リンレイ
トップ > 自動車用製品 > 車のおそうじ・お手入れ > タイヤ・ホイール > ウルトラハードクリーナー ホイール&タイヤ用
  • NEW
  • 車のおそうじ・お手入れ
  • タイヤ・ホイール

ウルトラハードクリーナー ホイール&タイヤ用

固着した油汚れ・ブレーキダスト・鉄粉まで浮かせて剥がす!
超進化、こすり洗い不要!(※1)

  • ウルトラハードクリーナー ホイール&タイヤ用

    700mL

オンラインショップ

  • ピカピカショップ本店で購入
  • 楽天ショップで購入

特長

こすり洗い不要(※1)

約5分間放置して、勢いよく水で流すだけ!手間も時間も大幅に低減します。

スプレー後、流すだけ!

固着した油汚れ・ブレーキダスト・鉄粉まで浮かせて剥がします。

ジェル泡タイプクリーナー

垂れにくいジェルタイプの泡が汚れに密着、強力な洗浄効果を発揮!

タイヤの汚れも同時に落とせる!

タップリ使える大容量サイズ

動画で見る

※1:汚れの種類・程度によってはこすり洗いが必要な場合があります。

製品概要

ウルトラハードクリーナー ホイール&タイヤ用
名称 自動車用ホイール・タイヤクリーナー
用途・塗装塗色 自動車用ホイール・タイヤの洗浄用
成分・含有量 非イオン系界面活性剤、洗浄助剤、アルカリ剤、粘度調整剤/液性:アルカリ性
形式 液体
内容量 700mL

使い方

※本製品は非常に強力なので、必ず保護手袋等を着用し、目立たない部分で試してから使用してください。洗浄作業はホイール1本ずつ行なってください。

  1. 必ずホイールが乾いて熱くない状態であることを確認してください。
  2. ノズル先端部をまわし、「出」を中央に合わせてください。
  3. ホイール全体にスプレーしてください。液が付いていない部分があると洗浄ムラが発生する恐れがあります。
  4. スプレー後、液が乾かないように注意して5分間放置してください。
    ※5分以上放置するとホイールを傷める恐れがあります。
    ※5分以内に液が乾燥しそうな場合は、必ず乾く前に水で流してください。液が乾くと洗浄力が低下し、シミや洗浄ムラの原因となります。
  5. 水を勢いよくかけ、液を充分に洗い流してください。汚れが落としきれない場合はスポンジ等で軽くこすり洗いをしてください。
    ※地面にシミが残る恐れがあるので、使用後の液は充分に洗い流してください。
  6. 残った水分をふき取ってください。
  7. 汚れが落としきれない場合は3~5を繰り返してください。
  8. 使用後は必ずスプレー先端を水でよくすすいでから「止」にして保管してください。
    水ですすがずに保管すると詰まりや液漏れの原因になります。
    ※使用後は低速でブレーキテストを行ない、制動力を確認してから運転してください。
    ※ホイールの状態によっては白い筋状の洗浄ムラが発生することがあります。
    その場合は再度ホイールに液をスプレーし、すぐにスポンジでこすり洗いを行なった後、液を水で洗い流してください。
    ※タイヤ表面のツヤが低下する場合があるので、本品使用後はタイヤつや出し剤等でお手入れを行なってください。

★タイヤに使用する場合は2~7の作業を行なってください。

使用上の注意

  • 汚れの程度によっては除去できない場合がある。
  • 用途以外には使用しない。
  • 換気のよい所で使用する。
  • 風の強い時や砂・ホコリの多い所では使用しない。また、容器をボディの上に置かない。
  • スプレー後は、5分以上放置しない。
  • 表面が劣化したホイール、タイヤには使用しない。
  • 再塗装されたホイールには使用しない。
  • 部品破損の恐れがあるので、走行直後や炎天下およびブレーキ部品には使用しない。
  • マグネシウムホイール、メッキホイール、コーティング施工ホイール、塗装がされていないアルミホイール等の特殊なホイール、ホワイトリボン等の加飾タイヤには使用しない。
  • シミになるので、衣服につけない。
  • 使用後は石けんと水で手をよく洗う。

警告

  • 吸入飲用不可:人体に害があるので吸い込んだり、飲み込んだりしない。
  • 保護手袋等を使用する。
  • 子供の手の届かない所に置く。
  • 人に向けてスプレーしない。

応急処置

  • 万一飲み込んだ場合は、はきださせないで、直ちに医師の診察を受ける。
  • 誤って目に入ったり、顔等に付着した場合は、こすらず直ちに清水で充分洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 皮膚に付着した場合は、石けんで充分に洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 使用中に気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合には、医師の診察を受ける。
  • いずれも受診時は本品を持参する。

保管及び廃棄方法

  • 保管の際は、ノズルを「止」にして直射日光が当たる所、温度が40℃以上となる所、車内、水・湿気の多い所、凍結する所には置かない。
  • 廃棄の際は、中身を使い切ってから捨てる。
ページトップへ戻る
製品ナビ