トップ > 自動車用製品 > ワックス・コーティング > 撥水タイプ > ガラス系ハイブリッドWAX Gガード(固形)
  • NEW
  • ワックス・コーティング
  • 撥水タイプ

ガラス系ハイブリッドWAX Gガード(固形)

ナノガラス・ポリマーが艶と流動撥水を長期間持続

  • ガラス系ハイブリッドWAX Gガード(固形)

    180g

特長

ナノガラス成分と高密着ポリマーのハイブリッド効果で約6ヶ月※1の耐久性を実現!

※1:JIS指定カーボンアーク式耐候性促進試験による当社試験結果
天候・塗装の状態・メンテナンス方法・保管状況により持続期間が短縮される場合があります。

高撥水成分HC-Rと滑水促進成分Si-W配合でボディに水滴をよせつけない!

洗車機連続10回以上※2耐久!

※2:当社独自の試験方法による

動画で見る

自動車用 Gガードシリーズ 他のラインナップ

製品概要

ガラス系ハイブリッドWAX Gガード(固形)
名称 自動車用つや出し固形ワックス
用途・塗装塗色 用途/塗装の保護及びつや出し
塗装塗色/全塗装色対応
成分・含有量 石油系溶剤、合成ロウ、シリコーン、ガラス系ナノパウダー
形式 固形
内容量 180g

使い方

  1. 洗車をしてキズの原因となる砂・ホコリ等の汚れを洗い流し、水分をふき取ってください。
  2. ボディを手で触って熱くないことを確認してください。熱い場合は日陰等に移動し、ボディを充分に冷ましてください。
  3. ワックスを付属のスポンジに適量取り、薄く均一に塗布してください。
    ※塗布量が多いとふき取りにくくなったり、ムラの原因になることがあります。
  4. 5~10分を目安に乾燥させてから、ふき取ってください。
    ●ガンコな水アカ汚れは水アカクリーナーで除去してから使用してください。
    ●ふき取りにはマイクロファイバークロスを用いると仕上げやすいのでお勧めします。
    ●ムラの原因となることがあるので、ボンネット・屋根等、部分ごとに分けて作業を行ってください。
    ●缶が熱くなるとワックス表面に溶剤が出てくることがありますが、品質上問題はありません。2~3分冷やして溶剤がワックスに吸収されてからご使用ください。
    ●ワックス塗布後、乾燥しすぎるとふき取りにくくなったり、シミやムラの原因になったりすることがあるので、塗り残したまま放置しないでください。
    ●次回使用する際は、スポンジに付着したワックスをはたき落としてから塗布してください。

使用上の注意

  • 用途以外には使用しない。
  • 通気のよい所で使用する。
  • キズの原因となるので、風の強い時や砂・ホコリの多い所では使用しない。また、容器をボディの上に置かない。
  • ボディの塗装以外、プラスチック、未塗装の樹脂バンパー、ゴム、ガラス、レザー、レンズ部品等には使用しない。付着した場合には、直ちにこすらずにふき取る。
  • シミになるので衣服につけない。
  • 炎天下やボディが熱い時には使用しない
  • 強くこすり過ぎると、塗装を傷めることがある。
  • 劣化した塗装、コーティング施工車には使用しない。
  • シミ・ムラの原因となることがあるので、輸入車や再塗装部分に使用する場合は目立たない所で試し、問題がないことを確認してから使用する。
  • 塗装の状態によっては充分な効果が得られない場合がある。
  • 使用後はフタをしっかり閉め、石けんと水で手をよく洗う。

警告・一般注意

  • 飲用不可:人体に害があるので食べない。
  • 引火性があるので、火気に近づけない。
  • 皮膚の弱い方は保護手袋等を使用する。
  • 子供の手の届かない所に置く。

応急処置

  • 万一食べた場合は、はきださせないで、直ちに医師の診察を受ける。
  • 誤って目に入ったり顔等に付着した場合は、こすらず直ちに清水で充分清浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 皮膚に付着した場合は、石けんで充分洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 使用中に気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合には、医師の診察を受ける。
  • いずれも受診時は本品を持参する。

保管及び廃棄方法

  • 保管の際は、フタをしっかり閉め、直射日光が当たる所、温度が40℃以上となる所、車内、水・湿気の多い所、凍結する所には置かない。
  • 廃棄の際は中身を使い切ってから捨てる。
ページトップへ戻る
製品ナビ