ウルトラハード クリーナー&コーティング ヘッドライトカバー用 | ヘッドライトのお手入れ | 車のおそうじ・お手入れ | 自動車用製品 | 株式会社リンレイ
トップ > 自動車用製品 > 車のおそうじ・お手入れ > ヘッドライトのお手入れ > ウルトラハード クリーナー&コーティング ヘッドライトカバー用
  • NEW
  • 車のおそうじ・お手入れ
  • ヘッドライトのお手入れ

ウルトラハード クリーナー&コーティング ヘッドライトカバー用

あきらめていたヘッドライトカバーの黄ばみやくすみを溶解除去!
Wコーティングで光量(カンデラ)約20%UP!約2年の耐久性!(※1)

  • ウルトラハード クリーナー&コーティング ヘッドライトカバー用

    クリーナー80mL コーティング25g

特長

動画で見る

あきらめていたヘッドライトカバーの黄ばみやくすみを溶かして落とす!

強力溶解で磨き作業不要! 作業時間が1/3に改善!

Wコーティングで光量(カンデラ)約20%UP!(※1)

特殊コーティング剤を2度塗りする事により、ヘッドライトの明るさが改善されます。
極厚被膜が透明感を復活&約2年の耐久性を実現!

1回使い切りタイプ

※1:当社試験結果による

製品概要

ウルトラハード クリーナー&コーティング ヘッドライトカバー用
名称 自動車ヘッドライトカバー用クリーナー・コーティング剤
用途・塗装塗色 自動車ヘッドライトカバーの洗浄及び保護・艶出し
成分・含有量 水溶性溶剤、アルカリ剤、界面活性剤/液性:アルカリ性(クリーナー)
合成樹脂、界面活性剤、紫外線吸収剤/液性:中性~弱アルカリ性(コーティング)
形式 液体
内容量 クリーナー80mL コーティング25g

使い方動画

使い方

◆本製品は1台分使い切りです。使用後、残ったクリーナー、コーティング剤は廃棄してください。
◆新品及び新品同様の透明度があるヘッドライトカバーやひび割れがあったり、それが疑われるヘッドライトカバーには使用しないでください。
◆使用する物:クリーナー、トンガリキャップ1個、スポンジ1個、付属タオル、マスキングテープ(別売)、ゴム手袋(別売)

(クリーナー使用方法)

  1. キズの原因となる土砂等を洗い流し、水を拭き取ってください。
  2. 必ずゴム手袋を着用し、トンガリキャップに付け替えてください。
  3. クリーナーがボディに付着すると塗装を傷めるので、必ずヘッドライトカバーの周囲にマスキングを行なってください。
    ※以下の4~8の作業は、片側ずつ行なってください。
  4. 付属のスポンジ(黄色い部分)にクリーナーを5~6滴染み込ませ、クリーナーが染み出さないよう力を入れずに塗り伸ばしてください。
  5. 直ちに付属のタオルで塗布したクリーナーを汚れごと拭き取ってください。
  6. すぐにマスキングテープをはがしてください。
  7. ヘッドライトカバーとその周辺を水洗いし、クリーナー成分を完全に除去してください。
    ※クリーナー成分が残っているとコーティング不良の原因となる場合があります。
  8. 水を拭き取って乾燥させてください。
    ※黄ばみが残っている場合は3~8を繰り返してください。

◆洗浄作業後、ヘッドライトカバーが白く曇って見える場合がありますが、コーティング作業で改善します。
◆使用する物:コーティング液、スポンジ1個、不織布2枚、マスキングテープ(別売)

(コーティング液使用方法)

  1. 再度、マスキングを行なってください。
  2. 未使用のスポンジに不織布を巻いてください。
  3. 【当作業は両方のヘッドライトカバーを一度に手早く施工してください】
    不織布を巻いたスポンジの塗布面(黄色い部分)全体にコーティング液を充分染み込ませ、薄くムラなくヘッドライトカバー上端を縁取るように塗布してください。その後、カスレに注意しながら適時、コーティング液を補充し、上から下に塗り広げ、下端の液だまりをならすように塗布してください。
    ※コーティング液が塗装面に付いた場合、直ちに水拭きをした後にカラ拭きをしてください。カスレやムラ、塗り忘れがあっても修正しないでください。
  4. 1時間以上乾燥させてください。
    ※完全に乾燥するまでは塗布面に触れたり2層目を塗布しないでください。
  5. 未使用の不織布に取り替えて、3と同様に2層目を塗布してください。
    ※1層目にカスレやムラ、塗り忘れがあった場合は、2層目で修正するように塗布してください。
  6. マスキングテープをはがして30分以上乾燥させてください。
    ※24時間は濡らさないでください。
    ※コーテイング剥がれの原因となりますので、1週間は洗車をしないでください。
    ※3層以上、塗り重ねをしないでください。

使用上の注意

  • 用途以外には使用しない。
  • 通気のよい所で使用する。
  • 風の強い時や砂・ホコリの多い所では使用しない。また、容器をボディの上に置かない。
  • コーテイング不良の恐れがあるので、炎天下やヘッドライトカバーが熱い時、気温が10℃以下の場合は使用しない。
  • ウォッシャー及びワイパー機能のあるヘッドライトカバーには使用しない。
  • 施工表面が着色されている場合や凹凸仕上げのヘッドライトカバーには使用しない。
  • 再塗装・輸入車には使用しない。
  • 液が飛び出す恐れがあるので、容器を強く握らない。
  • コーテイング剤が施工されている場合は、必ず、除去してから使用する。
  • 再施工する場合は、耐水ペーパーで本被膜を除去してから使用する。
  • 内部の黄変やクリア層のハガレ等、著しく劣化している場合は充分な効果が発揮されないことがある。
  • シミになるので、衣服に付けない。
  • 使用後は石けんと水で手をよく洗う。

警告・一般注意

  • 吸入飲用不可:人体に害があるので吸い込んだり、飲み込んだりしない。
  • 必ず保護手袋等を使用する。
  • 子供の手の届かない所に置く。

応急処置

  • 万一飲み込んだ場合は、はきださせないで、直ちに医師の診察を受ける。
  • 誤って目に入ったり、顔等に付着した場合は、こすらず直ちに清水で充分洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 皮膚に付着した場合は、石けんで充分に洗浄し、異常があれば医師の診察を受ける。
  • 使用中に気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合には、医師の診察を受ける。
  • いずれも受診時は本品を持参する。

保管及び廃棄方法

  • 保管の際は、直射日光が当たる所、温度が40℃以上となる所、車内、水・湿気の多い所、凍結する所には置かない。
  • 内容物や容器は、各自治体の規則に従って廃棄する。
ページトップへ戻る
製品ナビ