トップ > 家庭用製品 > 住まいのおそうじ・お手入れ > トイレ用 > ウルトラハードクリーナー トイレ用
  • NEW
  • 住まいのおそうじ・お手入れ
  • トイレ用

ウルトラハードクリーナー トイレ用

プロが認めた「トイレ用」超強力洗剤
手に負えない尿石・黄ばみ、黒ずみ、水アカを秒速分解!

  • ウルトラハードクリーナー トイレ用

    500g

ブランドサイト

  • ウルトラハードクリーナーシリーズブランドサイト

特長

手に負えない尿石・黄ばみ、黒ずみ、水アカを秒速分解!

・フチ裏の尿石

・黒い輪じみ、黒すじ

・手洗い場の水アカ

リンレイ独自のトリプル除去システム

アルカリ性の尿石・黄ばみ、黒ずみ、水アカをパワフルな酸の力で秒速分解。
固着した汚れを研磨材で一網打尽。

リンレイ独自のトリプル除去システム

酸性×研磨材で超強力!さらに除菌・消臭も可能。

製品概要

ウルトラハードクリーナー トイレ用
品名 ウルトラハードクリーナー トイレ用
液性 酸性
成分 キシレンスルホン酸(30%)、界面活性剤(3%アルカンスルホン塩酸)、研磨材、溶剤
正味量 500g
関連資料 SDS

用途・使えないところ

用途

陶器製の便器(内側)や手洗い場に付着した尿石・黄ばみ・黒ずみ(輪じみ)・黒すじ・水アカの除去・洗浄

使えないところ

金属・プラスチック・石・ガラス等の陶器とは異なる材質、研磨材の使用を禁止している便器・手洗い場、表面に防汚加工等が施されている便器・手洗い場、樹脂製の便座・ふた・ウォシュレット部分

使い方

※必ずゴム手袋等の保護具を着用してください。
※研磨成分により傷がつくことがあるので、必ず目立たない所で試してからお使いください。
※内容液が分離しても品質には問題ありません。
※汚れの程度によって落ちないものもあります。

<便器>

  1. 内容液が分離する場合があるので、容器を上下によく振ります。
  2. 内容液(2回押し程度、約20mL)をかけ、柄つきブラシもしくはスポンジでこすり洗いします。
    ※過度に柔らかい道具を使うと、本来の洗浄力が得られない場合があります。
    ※ひどい汚れには、液をかけて2~3分置いた後、こすり洗いすると効果的です。ブラシが届きにくいフチ裏や力の入りにくい部分には、キッチンペーパーや布、トイレクリーナーシート等に含ませ、こすり洗いすると更に洗浄力が高くなります。それでも汚れが残る場合は、同じ作業を繰り返してください。
  3. 洗剤成分が残らないように、充分に水で洗い流します。
    ※除菌には、内容液をかけ、5分置いてすすいでください(全ての菌を除菌するわけではありません)。

<手洗い場>

  1. 内容液が分離する場合があるので、容器を上下によく振ります。
  2. 内容液(1回押し程度、約10mL)をキッチンペーパーや布、トイレクリーナーシート等に含ませ、こすり洗いします。
  3. 洗浄成分が残らないように、充分に水拭きします。
  4. ※腐食の原因になるので、洗浄成分が金属部分についたり、タンクや排水口の中に流れ込まないよう特に注意してください。

使用上の注意

  • 用途外に使わない
  • 必ずゴム手袋等の保護具を着用する
  • 子供の手の届く所に置かない
  • 他の容器に移して使用しない
  • 換気を充分に行いながら作業する
  • 容器の側面を強く持ってキャップを開けると内容液が飛び出すおそれがあるので注意する
  • 目や皮ふに内容液がつかないよう注意する
  • 変色の恐れがあるので衣服に内容液がつかないよう注意する
  • 人体に向けて使用しない
  • 内容液を便器にかけたまま長時間放置しない(変色のおそれがある)
  • 便座等の便器外側に誤ってかけた場合速やかに拭き取り、よく水拭きする
  • 内容液が容器外側に付着した場合は速やかに拭き取る
  • 使用後は手をよく洗い、手あれが気になる場合はクリーム等でお手入れをする
  • 洗剤成分に対してアレルギー体質の方は使用を避ける
  • 凍結するおそれのある場所や直射日光の当たる所、火気の近く、40℃以上の高温になる所には保管しない
  • 横倒しの状態で輸送および保管しない

応急処置

  • 目に入った場合は、目を傷めることがあるので、こすらずにすぐ流水で15分以上洗い流し、必ず眼科医の診察を受ける
  • 飲み込んだ場合は吐かせずに口をすすぎ、水か牛乳を飲ませる等の処置をして、すぐに医師の診察を受ける
  • 皮ふに付いた場合はすぐに充分な水で洗い流す等の処置をして、異常があれば皮ふ科医の診察を受ける
  • 使用中気分が悪くなった場合は、直ちに使用を中止し、通気のよい所で安静にする。気分が回復しない場合は医師の診察を受ける

※いずれも受診時は本品を持参する

ページトップへ戻る
製品ナビ